FC2ブログ

農地を手放したい人の農地売買と農地売却方法

相続した農地の売却と古民家の売却方法と料理

--. --. --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012. 11. 04

鶏もも肉と鶏つくねの鍋の男のレシピ(鶏むね肉編・宇宙芋編も)

 
良い鶏もも肉が安く手に入ったので、鶏もも肉を使った料理をすることにしました。
鶏もも肉料理をいろいろ調べているとたくさんありすぎて迷ってしまいました。
ふと「鶏つくね」って私にもつくれるのだろうかと思い、調べてみるとなんとかできそうな感じ。

水菜が少し痛んできているので、ここは鍋にすべきかと思いました。
鍋の「つくね」って美味しいですkら、娘達にも食べさせてあげたいと思いました。
娘に変なモノを作るな、冒険するなとくぎを刺されており、しかも鶏ひき肉がないのでちゃんとできるのかちょっと不安でしたが、ひき肉には脂もたくさん入っているので、ここは鶏もも肉部分だけで作ってみようかと。




<鶏もも肉と鶏つくねの鍋の男のレシピ>


鶏つくねからしっかりだしがでると考えたのと薄味にしたかったので、調味料は少なめにしました。
鶏皮はだしだけ取って捨てました。
娘は脂があると食べてくれませんので。

【鶏つくねの材料レシピ】(12個分)
・鶏もも肉  3/4枚(約200g)
・卵  1個
・片栗粉  大さじ2
・ごま  大さじ2
・おろししょうが  大さじ1
・塩コショウ  少々

【水菜と白菜の鶏鍋の材料レシピ】(4人分)
・鶏もも肉  5/4枚(約300g)
・水  カップ5(500mℓ)
・白菜  1/4個
・水菜  2束
・にんじん(細)  1本
・だいこん  1/5本
・しょうゆ  小さじ2
・岩塩  小さじ1
・ほんだし  4g
・冷ごはん  茶碗1杯
・卵(雑炊用)  1個


【鶏つくね鍋の作り方】
①:すりばちにごまを入れすりつぶし、卵、片栗粉、おろししょうがと塩コショウを加えます。
②:鶏もも肉を細かく1cm弱に刻み、①に入れ捏ねます。
  (最初は水っぽい感じですが、時間がたつとそれなりにまとまってきます。)
③:レンゲとスプーンを用意しておきます。

   torinabe-2.jpg

   torinabe-1.jpg


【水菜と白菜の鶏鍋の作り方レシピ】
①:鶏もも肉、白菜、水菜、にんじん、だいこんを一口大に切り鍋に並べる。
②:水を500mℓ入れ、しょうゆ、岩塩、ほんだしを加えて煮ていきます。
③:沸騰したら、上記に作った鶏つくねネタをレンゲとスプーンで丸くして入れます。

   torinabe-3.jpg

   torinabe-4.jpg

④:鍋を食べ終わったら、残ったスープに冷ごはんと生卵を溶きながらいれ火を止めます。

   torinabe-5.jpg




<コツ・ポイント>


鍋は材料を切って入れるだけでとても手軽ながら家族に喜ばれますね。
今回は、つくねづくりに挑戦してみました。
うさ姫はそれほどお気に召さなかったようですが、みみ姫に絶賛されました。
つくねはフワフワして美味しかったですよ。

娘達にとっては「雑炊」は今回が初めてだとおもいます。
今まではなんやこんなものと食べなかったのですけど、今回はちょっとだけ食べてみてと勧めてみるとおいしかったらしく、あっという間になくなりました。
鍋の締めに目覚めましたかな。

今回のポイントは、つくねづくりに市販のひき肉を使わなかった事です。
ただ、頭で考えていたように肉のみじん切りはできないようで、その分歯ごたえも残りつつ、上手く柔らかくフワフワに仕上がりました。
ネタ段階では水分が多いなと思っていたのですが、片栗粉を足したりせずによかったなと思いました。
市販のひき肉だと脂身がたくさん入っているので、手間でも自分できざむ方がいいです。





<評価>

■自己評価

今回は、鶏もも肉と鶏つくねに分けましたけど、全部鶏つくねでもよかったかなというくらい上手く仕上がりました。
鍋の具はいろいろ工夫するとして、また再挑戦してみたいですね。

■家族の評価

鍋は基本的に当たり外れがないのですけど、比較的好評だったと思います。

■総合評価  ★★★





<鶏むね肉のつくねと宇宙芋入りつくね>


前回は、鶏もも肉を使ったを作りましたが、今回は鶏むね肉つくねにしました。
鶏むね肉は、油分が少ないためパサパサしやすく鶏もも肉に比べ美味しくないと言われていますが、すごく値段が安いし、つくねにすればパサパサ感はあまり関係なくなると思ったからです。

材料が安いのでたくさんつくねを作ることができますね。
ついでに実験的に宇宙芋入りを作ってみましたが、つなぎが少なかったこともあり、鶏だんごとしてはまとまりがなくばらばらになってしまいました。
ですので、鶏のミンチどんぶりに作りなおしました。
鶏つくね鍋は、娘たちが進んでまるめてくれるし、ショウガを利かせるととてもおいしいので我が家の定番です。

  鶏つくねー3

  鶏つくねー4




 
このエントリーは、2012年1月5日にUPしたものを修正しています。
 
  
関連記事

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://usamimicook.blog.fc2.com/tb.php/5-41ecf065

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

検索フォーム

 

RSSリンクの表示

 

リンク

 

ブロとも申請フォーム

 

QRコード

QR
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。