FC2ブログ

農地を手放したい人の農地売買と農地売却方法

相続した農地の売却と古民家の売却方法と料理

--. --. --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012. 01. 22

電子レンジとラップでお餅を上手く柔らかくする方法

 
1月は大量のお餅と格闘になります。
固くなったお餅をどのようにして温めるのが一番いいのかを調べてみるとなかなかいい方法がありました。
最初は半信半疑の娘達もこの方法を試してみてからは、上手い方法だと高い評価です。



<お餅を電子レンジであたためると>


一番手軽に温める方法として思いつくのは、電子レンジでチンですね。
短時間で温める事が出来ます。

でも固いお餅を電子レンジで温めると、お餅の表面が固いままであり、お皿にへばりついて洗うのが大変だったり、様子を見ていないと爆発したりしてしまいます。

【電子レンジでお餅をあたためるデメリット】
■お餅の表面が固い
■お餅の表面に粉がついたまま
■お餅がお皿にへばりついて皿洗いが大変
■加熱しすぎるとお餅が爆発する

電子レンジで上手くお餅をやわらかくあたためるためには、これらのデメリットをいかに克服するかになります。





<お餅を電子レンジで上手くやわらかく温める方法>


「お餅の表面が固い」のは、お餅の中は水分が閉じ込められているけど、表面は乾燥しているし水分が外に逃げてしまうからだと思います。
ですので、水分を補充することを考えないといけないんですね。

最初に試したのは、お水の中にお餅を入れて温めてみたのですけど、加熱しすぎて爆発してしまいました。
また、お餅がお湯に溶けだすケースもあって娘達にはやらせたくない方法でした。

お餅の表面を水流で洗い流すようなイメージでお餅表面をぬらす事で、補充する水分を加えかつお餅表面の粉を洗い流すことで粉っぽさがなくなります。
これは一石二鳥です。

あとの問題点はお餅がお皿にへばりつくことですけど、これはラップで解決できました。
クッキングシートやキッチンペーパーでもいいのかもしれません。

加熱しすぎる点については、残念ながら様子を見るしかありませんでした。
お餅の大きさや電子レンジ内の置く位置によって加熱時間が変わるため、電子レンジの前を離れられませんが、何回か経験すると膨らみ加減で加減が分かるようになりました。

   お餅ー1

【お餅を電子レンジで上手くやわらかく温める方法】
お餅の表面を水で洗い流し、お皿の上にラップを張り、そこにお餅を乗せて、電子レンジでお餅が膨らむまで加熱します。


表面もかなりやわらかくなります。
お餅をしばらく水につけておくと表面のやわらか度が増すかもしれません。
娘達もこの方法で温めるようになりました。




<きなこさとうでやわらかいお餅をいただく>


手軽で美味しいお餅の食べ方は、お餅をきなこに砂糖を混ぜたものにつけて食べるです。
我が家の定番です。
「Myきなこ」を自分専用のタッパーに入れて置いています。

   お餅ー2


  
関連記事

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://usamimicook.blog.fc2.com/tb.php/11-95e84e58

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます
 

 | ホーム | 

検索フォーム

 

RSSリンクの表示

 

リンク

 

ブロとも申請フォーム

 

QRコード

QR
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。